調剤薬局監修・プリオン、パーキンソン病などの特定疾患について解説する情報サイト

感染性CJDについて

感染原因のはっきりしている感染 性CJD (牛海綿状脳症と関連する変異型CJDや硬膜移植手術後に発症するCJD、パプアニューギニアで発生したKuru病など)に分類されます。

 

日本ではプリオン病の約80%は孤発性CJDで、10%が遺伝性プリオン病、残りが感染性CJD (1例が変異型CJDで残りは硬膜移植後CJD)となっています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

孤発性CJDは認知障害や視覚障害、小脳失調で発症することが多く、その他高次機能障害、錐体路および錐体外路徴候、ミオクローヌスなどが複合して出現、 進行し平均して発症3.5ヶ月で無動無言に陥ります。

 

初発症状や進行過程は多様で、早期診断が困難な場合も少なくないといわれています。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら

自分にあった薬剤師 転職を希望の方はこちら