調剤薬局監修・軽快者に認定されると

軽快者に認定されると

「軽快者」に認定されると「特定疾患登録者証」が交付されます。「登録者証」では、医療費の公費負担は受けられません。



「特定疾患登録者証」を交付されていると、・悪化したときに再申請を行う際、手続きが簡略化されます。




薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



医師が悪化したと確認した日まで遡って給付を受けることができる、というメリットがあります。


 

「軽快者」となるかどうかの判断には診断書の他に「医師の意見書」が重要なものとなっています。これを申請時に提出するのですが、基準がややあいまいなこともあって、いまのところ医療機関側もその内容について完全な対応ができていないのが現状です。

 

ドラッグストア